1FrameWorks

バージョン1.05公開

2016-02-25 [記事URL]

「Read more」リンク文言の仕様変更

カテゴリーページと投稿ページ下部の「関連記事」のページリンクは「Read more」でしたが
パーツより自由に文言変更できるようになりました。
下記パーツより変更可能です。
パーツ > パーツ3(言語切り替え用)parts3 > 続きを読む

投稿ページの関連記事の動作変更

自動で横スクロールするようになっていましたが、手動スクロールにしました。
また、2記事ずつスクロールするようになりました。
画面の支配率も少し下がり、使いやすくなったと思います。

読者機能のレイアウト(CSS)を最適化

カラー変更時など使いやすくなりました。
SIDEに使う場合の参考コードです。

【jetpack_subscription_form title="更新通知" subscribe_text="メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。"】

【】は、半角の [] に変更してご利用下さい。

コメント欄のレイアウト(CSS)を最適化

スマホでも見やすい・操作しやすいようにコメント欄を調整しました。

コメント欄のショートコードを最適化

サイドバーなどに貼り付ける用の「新着コメント」箇所のコードを最適化しました。
下記は参考コードです。

新着コメントCOMMENTS

【】は、半角の [] に変更してご利用下さい。

固定ページ・メインバナー(PC/スマホ)でショートコードが使えるようになりました

Instagram の画像なども入れていただけるようになりました。

検索ボックスの仕様変更

スマホレイアウト時のサイドNAV内にも検索窓を設置できるようになりました。

パーツ > パーツ2(スマホ)parts2 >NAVI-sp-slidemenu
にて、下記のように記述してお使い下さい。

  • 【searchformbox】
  • 【】は、半角の [] に変更してご利用下さい。

    PC用も
    パーツ > パーツ1(共通・PC)parts1 > TOP
    に下記のように入っている方は、

    ~(省略)~

    下記のように変更してお使いください。レイアウトも最適化されます。

    【searchformbox】

    【】は、半角の [] に変更してご利用下さい。

    固定ページメインバナーのサイズ最適化

    PC用の固定ページにてメインバナーを設定できますが
    横幅972px を標準サイズとしました。
    同サイズの画像を入れていただければピッタリと収まります。


    お客様の声:杉原友行さん

    2016-02-23 [記事URL]

    いせきさんのホームページテンプレートには2011年からお世話になっております。

    はじめていせきさんのテンプレートを使わせていただいたのは
    福島県いわき市の母親の整体院でした。

    私が会社をおこしたのもこれがスタートとなっており、
    いせきさんのテンプレートなかったら今の状態はなかったと思います。

    その後、母の整体院をかわきりに、父の工務店、全国の治療院クリニック様の
    ホームページ制作のベーステンプレートとして活用させていただいております。

    ワードプレスについては今後の主流になるであろうと考え、
    私も数年前から自社開発しておりましたがなかなか難しいというのが正直なところでした。

    ところがいせきさんが開発されるテンプレートは同業者からみても素晴らしく組み込まれており、
    タグの設置自由度やデザイン部分も素晴らしい仕上がりとなっています。

    また、私自身PPC広告のマーケティングを得意としておりますが、
    この場合広告のリンク先であるホームページとのスムーズな連携が必須となります。

    いせきさんにはそんな時にも柔軟に対応していただいて、いつも感謝しております。

    今後マーケティングを無視したホームページはなかなか厳しい時代がくると思いますので、
    そちらも加味された今回の新ワードプレステンプレート「1FrameWorks」には大変期待しております。

    ホームページのテンプレートは日々進化しておりますが、ホームページをご自身で作りたい方だけでなく
    私のような制作業者として今後展開していかれる方にも、いせきさんのテンプレートは大変お勧めです。

    なによりテンプレート開発者のいせきさんご自身が起業独立を経験されているので、
    その貴重なご経験も踏まえてコンサルをいただけるのも大変助かっております。

    今後もお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

    (杉原友行)


    バージョン1.04公開

    2016-02-12 [記事URL]

    NAVI-sp-foot 内でショートコードが使えるようになりました

    スマホレイアウト時のみ表示されるフッター部分で、パーツ2(スマホ)parts2 で設定します。
    list系やsitemap系のショートコードを入れてご活用いただけます。

    list系ショートコードを複数追加

    【新着リスト】タイトル(日付)
    list

    【新着リスト】日付・タイトル・アイキャッチ・本文110文字・Read more
    list2
    list2half ・・・本文60文字

    【新着リスト】日付・タイトル・アイキャッチ・本文110文字・「の続きを読む」
    list3
    list3half ・・・本文60文字

    【新着リスト】(カテゴリbox)本文110文字・「の続きを読む」
    list4
    list4half ・・・本文60文字

    【日付なしリスト】(カテゴリbox)アイキャッチが上・本文110文字・「の続きを読む」
    list5
    list5half ・・・本文60文字

    【目次】五十音順
    listcontents
    【目次】日付順(古い物が上)
    listcontentsdateasc
    【目次】日付順(新しい物が上)
    listcontentsdatedesc

    投稿ページ下部の関連記事の本文を40文字に変更

    以前は本文から110文字を抽出していましたがこれを40文字と変更しました。
    スマホレイアウト時に操作しやすくなると思います。

    検索結果ページ、投稿(ブログ記事)一覧ページのソーシャルボタンを非表示に

    検索結果が多いとソーシャルボタンの読み込みに時間がかかることがありましたので
    ソーシャルボタンを一括で表示しない設定にしました。
    検索時にレスポンスが上がったと思います。

    スパムフィルター導入

    コメントスパム対策にspamフィルターを導入しました。

    アイコンフォントを更新

    Googleロゴなども新しいものが表示されます。
    Google

    読者機能を強化

    読者機能(購読)は、メールアドレスを登録しておくことで更新情報をメールでお知らせする機能です。
    更新情報とは、新しい投稿(ブログ記事)があったときや新しいコメントが入ったときのことを指します。
    メールアドレス登録フォームのレイアウトなどもキレイに整えました。

    一部ページでサムネイル画像を非表示

    検索結果、ブログ記事一覧ページにてサムネイル画像を非表示にしました。

    パンくずリストのレイアウト崩れを修正

    スマホ閲覧時、特定の文字数のときにレイアウトが崩れる問題を修正しました。

    枠線用のスタイルを追加

    下記のようなクラス設定でご利用いただけます。
    .bdr-red .bdr-blue .bdr-grn .bdr-ora .bdr-gry .bdr-yell .bdr-sky .bdr-pink .bdr-wht

    Amazonリンクレイアウトの修正

    Amazonの商品リンクを貼り付けた際にレイアウトが崩れる場合がありましたが修正しました。

    見出しフォントサイズの調整

    見出し(h2, h3, h4)のフォントサイズを 18px にしました。


    バージョン1.03公開

    2016-02-01 [記事URL]

    読者機能を追加。
    希望される閲覧者が読者登録することで新しい投稿やコメントがメール通知されるようになります。

    「目次」用ショートコードを追加。
    カテゴリごとの記事リストを50音順で並べることができます。

    スマホレイアウト・サイドナビのHOMEリンクを修正。
    テンプレート側で正しくリンクが貼れていませんでした。サイトURLがHOMEリンクになるよう修正しました。
    特に修正していただく作業はございません。

    common-foot の表示位置を変更しました。
    以前は、投稿ページの本文・関連記事・コメントの下部でしたが
    関連記事の上部に配置するよう調整しました。
    広告位置の反応率を計測した結果の変更となります。これにより広告反応率が上昇します。

    文字装飾:フォントサイズの選択範囲を広げました。
    選択できるクラスについてはサポートサイトをご参照ください。


    お客様の声:鈴木のり子さん

    2016-02-01 [記事URL]

    今や、自分で更新できるホームページが当たり前になりつつあり、そのために一番使われるのがWordPress。そしてWordPressのテンプレートが多数販売されています。良さそうなものをいくつか購入して、どんなものなのか、実際に試してみました。

    たしかに、「こういう機能が付いてますよ」と売りにしている機能は、簡単に便利に出来ているのですが、その分、カスタマイズがあまりできない。
    ちょっと修正したいだけなのに、そのためには根本から大修正しなければならなかったりと、これではテンプレートを購入する意味がありません。

    カスタマイズがあまりきかないので、このサイトは「○○」のテンプレート使っているなとか、このサイトは「▲▲」のテンプレートだなというように、オリジナルデザインでは無い限り、サイトを見ると、どこのテンプレートを使っているのか大体わかります。

    テンプレートがわかること自体は問題ではないのですが、見た目が似通ったサイトが他にいくつもあるってどうでしょうか?

    いくら、サイト内で使っている画像が違う、中身の文章が違うといっても、同じデザインで、同じレイアウトとすると、サイトはオリジナリティに欠け、悪く言うとデザインの手を抜いているように感じてしまいます。

    自分でデザインをしようとしても、WordPress テンプレートはカスタマイズがし辛いことがネックではないでしょうか。

    私がWordPressのテンプレートに要求することは、カスタマイズでした。
    その点「1FrameWorks」はカスタマイズの幅が広く、オリジナルデザインにできて、各ページのレイアウトの自由度もとても高いです。
    つまり、見た目が似たサイトは真似されない限り出来ません。

    ブログではなく、サイトとして作成する場合には大事な要素です。

    また、もう1つの大事な要求は、いかにスマートフォン対応ができているか。

    単純に、レスポンシブデザインなので、スマートフォンサイズで見れますというようなレベルではありません。

    「スマートフォンから閲覧した場合の表示スピードが速いこと」「メニュー位置が固定されて使いやすいこと」を条件に探していましたが、その条件にぴったりだったのも「1FrameWorks 」です。

    インターネットの世界は常に変化し、終わりが無い世界ではありますが、常に時代を判断して対応しているテンプレートとして、「1FrameWorks」 に将来性を感じます。

    (鈴木のり子)


    PAGE TOP



    logo_1stneed
    株式会社ファーストニード(1st-need Co,.Ltd.)

    〒650-0024
    神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル4F
    TEL:078-220-9913




    MENU

    SUPPORT

    CONTACT
    HOME